新宿の方が選ぶ永代供養墓

subpage01

永代供養墓は、新宿にお住まいの方も利用でき、別の方たちと一緒の場所に遺骨を埋葬されることから、合祀墓や、合同墓、共同墓、合葬墓などといわれています。

新宿の永代供養墓に関する情報収集をサポートします。

33回忌や、50回忌などといった一定の期間は、骨壷で個別に遺骨を安置して一定の期間が経過してから合祀する場合もあります。

オンリーワンの産経ニュースの情報を集めました。

新宿にお住まいの方が永代供養墓を選ぶのは、あまり、お墓に多くの金額のお金をかけたくない場合や、これまでの、お墓では高すぎて手を出せない場合、先祖代々のお墓と事情があり別にしたい場合、お墓は建っているが継承する人がいないため改葬したい場合、従来から建てられている、お墓に対して興味がほとんどない場合、親族や、知人の遺骨が今手元にあって、これからどうやって管理していけばよいのか困っている場合などが挙げられます。永代供養墓を新宿の方が利用するときの遺骨を安置する方法については、大まかには個別型、合祀型、集合型に分類することができます。個別型は骨壷を個人の遺骨や、夫婦二人分の遺骨、家族ごとの遺骨などに分けて、専用の空間に安置する形式になります。



普通の、お墓のように墓石を建てて納骨します。


個別に安置できる期間は前もって決められていて、その期間が経過すると合祀墓に移されることになります。合祀型は、遺骨を他の故人の方の遺骨と一緒に墓所内に埋葬する形式になります。


墓標として記念碑や、塔などが建立されます。

集合型は、棚などに他の故人の方と一緒に骨壷を安置しますが、納骨する空間は確保されています。
合祀されるタイミングは個別型と同様になります。