東京など都会で増えている永代供養

subpage01

全国的にライフスタイルや家族構成などの変化により、従来のように墓石を購入、維持していくことが困難になるケースが増えています。

また東京や大阪など、都会になるほどその傾向は顕著で、それはやはり土地に対する人口の割合が高いからなのですが、そういった事情もあり納骨堂や永代供養墓の需要が特に高くなっているのです。
永代供養には合祀型、個別型などがあり、事前に管理する施設側と契約を交わして遺骨を納めることになります。

ただ注意しなくてはならないのは、永代という文字から想起させるイメージとして「永遠」を感じ取りがちなのですが、たいていは数十年限りで、その後はどのような永代供養墓であっても多くの方の遺骨と合祀されるかたちとなります。

注目の東京の永代供養の情報を確認できるサイトです。

利用できる方の宗派になりますが、一部を除いてほとんどの施設では仏教、キリスト教、その他の宗教にも対応しています。

Yahoo!知恵袋に対する期待が寄せられています。

東京など都会は多種多様な人々が生活している場でもあり、宗教で制限されるようなことはあまり心配しなくてよいでしょう。


ただし供養のスタイルは仏式で行われることが多く、そちらに違和感を感じる方は他のケースを考えざるを得ません。
今後は集団就職で東京にやってきた世代の高齢化などもあって、お墓や納骨堂、そして永代供養墓の需要は高まっていくと思われます。特に独身の方、諸事情により親族と疎遠になった方などは、今後の行く末を考える際に納骨堂や永代供養のことについてしっかりと意識しておく必要があるでしょう。