東京などでも永代供養をするお墓も多い

subpage01

永代供養とは、永い代、つまり長い年月にわたって供養する、という意味です。

東京の永代供養の信頼できる情報を得るために調査した結果をまとめたサイトです。

最近は東京などの大都市圏を中心に、お墓の跡継ぎがいない、お子さんがいない、子供にお墓のことで迷惑をかけたくない、といった希望で永大供養を考えている人も多いといいます。


東京以外の地方でも永代供養をしているお墓はたくさんあるといいます。

永代供養付のお墓は、一般のお墓を購入するより経済的負担も少なく、お布施や維持管理費がいらないということでも注目されています。

また、身寄りがなくても永代にわたり供養してもらうことができますし、宗旨や宗派に関係なく入ることができるというのも東京なども大都市圏で選ばれる理由として多いということです。永代供養は長い年月にわたって供養する、という意味だと書きましたが、永久に個別に供養するという意味ではないのでそのことはきちんと理解しておかなければいけないです。

永代供養というのは、一般的に最初から遺骨を合祀墓という他の方と共同のお墓に納骨するケースと、一定期間は個別に納骨堂という室内のお墓に安置しておき、その後に合祀墓に入って供養してもらうというケースのものがあります。

goo ニュースの情報ならこちらを参考にしてください。

最初は個別に安置するというときの安置期間は、そのお寺や霊園ごとに異なるのできちんと確認しておくようにします。


どちらの場合でも合祀墓に入った後は、他の方と共同のお墓に入ることになります。



なので、その後に遺骨を取り出すことは出来ないということを理解しておく必要があります。